たわごとブログ『ええかげんにせぇ!』

おっさんが綴るたわごとですよ






<< ここまでの診察結果 | main | ブルーレイレコーダー買ったよ!、、、しかし >>
やってきました心臓カテーテル!
さて、1泊2日のカテーテル旅に行ってきたので
その結果でも

いきなりオチから書くと、治療しました
ステントを入れて、バルーンで3箇所ほど膨らましてます
 

では、ここまでの流れ
11月末、強烈に胸が苦しくなる
徐々に悪化して、胸だけではなく右腕全体に脱力感と痺れも伴いはじめる
苦しさの持続時間と回数も増加
3週間を過ぎたあたりで、この症状はおさまりはじめるが
完全に出なくなることはなく、年末のゴタゴタを避け
年明けに病院へ

最初は、血液・心電図・レントゲンともに異常がないので
心臓の専門医に診てもらうことに
そこから急展開

3日後、いきなりカテーテル検査、1泊2日でやるからよろしく!
10時に国立病院ね!

その場で口約束かのようにこの一言が告げられただけ
あとから、日時場所などの詳細の紙かなんかもらえるのかと思いきや
なにもなし

ほんま口約束みたいな感じであっさり言われたw
大きな病院なので岡山で国立病院と言えば、そら知ってるけど
病院の正式名すら言われなかったしねー
※正式名は「国立病院機構 岡山医療センター」

CTをすっ飛ばして、いきなりカテーテルってことで
ほんまに1泊2日で済むのかどうかも怪しい
検査で問題がなければ1泊2日って言ってたし

この段階で、血管の詰まりは確定してたので
検査ではあるけど、治療になる予感はしてた
なので1泊2日では済まんやろうと…

18日、10時前に病院に到着
入院受付のところに並んでたが
待ってる人の管理をしてるおばちゃんが
「診察?初めて?診察?初めて?」と捲し立ててくる

入院ではあるが、診察といえば診察なので
初めての診察と伝えると
この紙に記入して渡してね、2番に出すから

もちろん、病院の人ではあるが
ただの世話好きのおばちゃんにしか見えない人の言うことに従ったが
待っても待っても、ずっーと待っても呼ばれない
どんどん後から来た人を見送りながら、ようやく呼ばれたら
2番ではなく、1番の入院受付の人に「入院ですよね?」と確認を取られ
さらにしばらく待つ

結局、2番じゃなくて1番に提出やん
それに気付いたおばちゃんに肩を叩いて呼び止められ
あら?入院やったん?おほほほほほ…

うん、まー笑い事でいいか(´・ω・`)

なんしか、入院するなら、その旨の紙があるみたいだが
口約束だけで来いと言われたので、確認などもあって時間がかかったみたいw

無事、受付を済ませ
病室に通されると、早速点滴
いきなり自由がきかないw

んで、点滴を刺したまま2階と3階に移動して
心電図とレントゲン

とりあえず、症状が出てないときは、いたって普通なわけだが
点滴をしながら、吊すアレを押しながら歩いてたら
みんな優しくしてくれるのなー
行く先々で、みんな道を譲ってくれたわw

そして、昼飯抜き・飲み物禁止段階に突入
予定通り15時にカテーテル検査開始!

右腕から通すので局部麻酔をしてワイヤーをブッ刺し
然るべき箇所で投影剤を投入

麻酔はしてるが、カテーテルが通る感覚はあって
体内をワイヤーが移動しますw
むず痒いような妙な感覚!
そして投影剤でひんやり
強烈なクールミントをよりもひんやり
人によっては、その後熱く感じることもあるみたいだが
自分はそうでもなかったかな〜

でだ、今回のカテーテル検査
練習台にされてましたw
若い人に教えながら、そこはああやってこう
これをしたらああだこうだ
違う違う、もっともっと、あーダメ
うん、そうそうそうそう
いいよ、そんな感じ
時折笑いながら和気藹々とやってたけど
こっちはそれどころじゃないw

で、一通り検査したら主治医が耳元に来て
やっぱ詰まりがあって心電図とも合うから、このまま治療するよ
ね、いいよね?

うーん、カテーテルを挿入されたまま、いいよね?って聞かれても
断る人いないでしょw

そして、そこから治療に切り替わったわけだが
検査と治療ではワイヤーが太くなるのかな?
刺し直すのかな?
詳しくは分からんが、治療に変わった途端麻酔が効かなくなった!
痛てーよw

そこから200追加やとか何が追加やなんかやとあって
しばらく経ってから痛み止めが効き始めた
結局、その時は何をどう治療するのか聞いてなかったけど
今思うと、ステントを入れる感覚は分からないが
バルーンで膨らます感触は分かる
心臓がドクンって大きく感じたかな〜

つーわけで、検査&治療は無事終了
詰まってた箇所
心臓には大きな血管が3本あって
右に1本、左に2本(もしかしたら左右違うかも)
その2本ある血管の枝分かれする手前のところが詰まってたそうで
結構大事なところらしい

そこにステントを入れて、他の詰まりかけの部分をバルーン
原因としては、動脈硬化による詰まり
特に食事制限などはないが、炭水化物を減らすことが重要で
その他、暴飲暴食wは避け
規則正しい生活リズムを心がけること

まー、もちろんタバコはよくないが
ピンポイントで指定されず、ご飯(炭水化物)の量を減らせってことなのでひと安心(?)
まー、その他細かいことはああしたほうがいい、こうしたほうがいいとは言われてますけどね

今後は、薬を飲み定期的に病院へ
そして、9月にもう一度カテーテル検査をするとのこと
9月の予定はどう?って聞かれたけど
さすがに、今の段階で9月の予定は決まってないw

んで、術後
カテーテルを刺したところは透明のバンドでガッチガチに固定して血を止めるので
右手が使えません
これが足からカテーテルを刺してると、しばらく歩くことすら出来んのやけどね
それを思えばマシだが
右手で飯食えないよ/(^o^)\ってなったが
意外と左手でも食べられるのなw
普段、右手てやってることを頭ん中で切り替えて左手を使えばいいだけ
さすがにスムーズには使えないが
左手でも十分食えるねw

ちゃんとコーンも一粒ずつつまめたし!
ただ、ご飯は最後のほうになると一粒ずつつまめないし
茶碗を持てないので、箸でかき込むこともできず手間取った
で、最後の難関がヨーグルト
スプーンで食えるけど、なかなか開けられず苦労した(´・ω・`)

とまあ、こんな状態でございましたー

右手からのカテーテルってことで
左手から採血したり点滴したり血圧を測ったりと
何度針を刺され圧迫されたことかw

そして今回、入院で一番驚いたのは
隣のベッドのジジイ、、、、じゃなくて、お爺様でしょうか
寝言で大絶叫してましたw
会話のレベルじゃなく、絶叫レベルで寝言を言ってました
どうやら、水がないらしいですw

水がない、水がない、水がないぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!と
繰り返し絶叫しておりました (๑´∀`๑)

そんなこんなの1泊2日カテーテル旅の締めくくりは入院費用です
手術なので、それなりの諭吉くんを見送りましたw

大卒 初任給でググってみたが
トップにヒットした結果をも凌いでましたとさ、めでたしめでたし

いや〜、痛い痛い
痛み止めが効かないよりも痛い出費やわー

年末には流し台買ったし、こないだタブレットも買ったし、ここまでの通院費も割とかかってるし…

とりあえず、忠告としては
40過ぎたら、健康よりも貯金を気にしよう(*`▼´*)b
以上!


あぁ、レコーダー買う予定やったんやけどな〜
| 純太@ちょび | 日常 | 20:45 | comments(0) |







  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>