たわごとブログ『ええかげんにせぇ!』

おっさんが綴るたわごとですよ






<< 海外ドラマの感想 まとめて6本! | main | カラオケで無難な選曲のストック増える!「世代間でギャップのない曲」ランキング >>
ノートパソコン購入 Dynabook RX3
ノートパソコン買いました!
そうです、また買いました!!

現在、家にあるだけで4台w

まー、一応OS分けをしてて
XPが1台、Vistaが1台、Win7 32bitが1台、Win7 64bitが1台ですね〜
とはいえ、メインはデスクトップなので使ってるノートは1台ですけどね
 

新たにノートを買った理由は、こないだの大阪での出来事
日記でも書いたが、初日に起動しなったInspiron1525
スタートアップファイルが壊れてるので、
家に帰ってインストールディスクを使えば修復できる、、、はず

がしかし、修復できてない
ってのも、修復をスタートさせても検索やらチェックやらにえらい時間がかかる
30分放置しても先に進まないので中断
もっと粘れば進んだかもしれないが、面倒くさくなって諦めました
まあ物理的には壊れてないので、再インストールかクリーンインストールでもすれば
まだ使えるけどね
最悪、HDDを交換すりゃいいし

んで、大阪に行った際、使えないノートパソコンを持ち運ぶのが、まー重い
単純に重量は、アダプターも含め3kg程度やけど、
使えないのに持ち運ぶという精神的重量で体感は10kg

元々持ち運び用途で買ってないし、15インチなので本体重量が2.7kg
たかだか3kg、が実は持ち歩くには意外と重いのです(´・ω・`)

なので、修復云々ではなく持ち歩けるノートが欲しいってことで買いました!

今回の選ぶポイント(条件)は
軽いこと(2kg以下)
CPUはi5以上
この2つは譲れない

妥協できるけど、できればほしいポイント(条件)は
HDMI出力付き(これはあまり妥協したくなかった)
DVDドライブ付き(なければ外付け)
メモリは4GB以上(以下でも増設できるが別で買う手間と出費)
メモリ4GB以上にするってことは、必然的にWin7 32bitは論外
こんな感じ

もちろん、毎度のごとくヤフオクで探すわけだが
今回は非常に難航
最初は、
ノートは、物理的な修理が割とラクなDELLを狙っていたが
12インチ以下は小さく使いづらい、12インチ以上は重く
現在のInspiron1525(2.7kg)と変わらなくなるので
他を探してみたところ東芝の12インチが重量、CPUの面で満たしてるので
東芝に絞る

ちなみに、国産云々は関係ないです
ノートパソコンの世界に純国産はほぼなく、ほとんどが準国産
※純国産は純粋に国産、準国産は国産に準したもの(ある条件を満たしたもの)

東芝は言わずもがな日本のメーカーだが、機種によっては韓国東芝ってこともあるし
パナソニックもソニーも国産を謳ってるノートパソコンのほとんどは
日本で組み立ててるだけで、パーツの9割は外国産(つまり準国産)

まー、牛と同じですねw
地元にブランド牛がいますが、地元牛の一部は神戸に出荷してます
地元のブランド牛も神戸に出荷すると神戸牛になりますw
語弊のないように詳しく書くと
地元で生まれて、地元で育つと地元のブランド牛
地元で生まれて、神戸で育つと神戸牛
俺で言うと、兵庫で生まれて岡山で育ったので岡山ブランドのおっさんw

これをそのままノートパソコンに変換すればいいだけ
パーツは外国産だが、日本で組み立てると国産を名乗ってもいいことになってます
海外製のパーツを海外で組み立てると海外産
国産とはいえ、実は台湾産やったりする場合も多々あるでしょうなー
中国や韓国を嫌ってる人が国産と思って使ってるパソコンやスマホ、その他の家電製品も実は…
怖いですね〜、ほんと世の中って怖いですネー
※この余談は個人の見解ですw 間違ってたらごめんなさいm(__m)

話しがそれたので戻すが
東芝に絞って探すと、大きくは3つの機種
RX3、R731、R732あたりが多く出品されてる

しかし、ここからが難航
これらの出品のほとんどは業者やけど
とにかく画像の使い回しばかり
説明文に傷・割れがあると書かれても、文章だけなので
気にならない程度なのか致命的なのかの判断ができない
キーボートに文字消えあります
しかし画像なし…
モニターは一部白いとか、傷があるとか、くすみがあるとまで書いてたりもしたが
いずれも画像がなく、使用にどの程度影響するのかが分からない

なかには、底面のスロットレバーが欠品してまーす\(^o^)/とか書いてたりするが
そもそも底面にスロットレバーなんかないというね
バッテリーのレバーと勘違いしてそうだが、それを勘違いするような業者は
さすがにテキトーすぎる

ある程度の傷は気にしないが、画像を使い回されては、判断ができない

そして、一番多かったのは
一般的にはあまり知られてないのかもしれないが
COAシール(正しくはCertificate of Authenticity)
ノートパソコンの裏側、デスクトップ本体横とかに貼られてる
プロダクトキーの書かれてるシールですね

これを、プロダクトキーはあります!って意味で
COAシールはあります!と書いてる業者が目立ったが
実は、COAシールとプロダクトキーは別もので
見れば分かると思うが、COAシールにキラキラ光る線や穴があると思うけど
それが、Certificate of Authenticity
つまり、それが正規品という証なだけで、プロダクトキーはシールのスペースを使って書かれてるだけ

なのでCOAシールとプロダクトキーは必ずしもイコールになるわけでもないんよね
まー、たいがいCOAシールがあればキーもあるので、
同じ意味ではないが、ほぼ同じ意味と捉えてもあながち間違いでもない
ただ、これを業者が知らずにそう書いてるのはいかがなもんかなと…
下手すりゃ海賊版でシールはあるがキーは使えないとかね

ヤフオクにはプロダクトキーやインストールディスク関連の違法出品はかなりの数あるし
ポンコツスペックのパソコンに無料Win10を入れて最新やとか
ハイスペックとか謳ってたりする詐欺まがいの出品も多い
OEMのことを言い出せばキリがないほど胡散臭い出品もある
※COAシールのくだりから、これもまた個人の見解ですw

また話しがそれたので戻そう

このように業者は何かと胡散臭い
そんな中でも自分の条件に合ったものも見つかるが
何かがあれば何かが足りないという、むず痒いこともしばしば

妥協できる範囲で条件は満たしてるがDVDドライブがないー\(^o^)/
妥協できる範囲で条件は満たしてるがメモリが2GBー\(^o^)/
それでもいいけど、ドライブやメモリを買い足すことを考えると予算的にー/(^o^)\
ちなみに今回は、上限25,000円で探しました

そんなこんなで、ようやく見つけたのが、Dynabook RX3
これね、即決価格が13,500円でした
オークション終了10分前に覗いてみると、13,000円あたりを最小金額で刻んで争ってたんよね
いやいや、即決13,500円やん
あと500円で即決できるのに刻むか!?みたいなね
ものとしては、DVDドライブがないけど値段的に問題ない
リカバリーディスクも付属してる
タッチパットが機能しないみたいだが、なくても困らない
そして何より個人出品
小刻みで値上がりしてるのを横目に即決で落札しました


とまあ、ここまでが購入に至るまでの話し、長いよね!w

では、Dynabook Rx3がどんなものなのか書いていきましょう

詳細スペックは↓
http://dynabook.com/pc/catalog/dyna_b/100929rx3/spec.htm
スペックを抜粋すると
Win7 64bit
CPU i5 2.66GHz
メモリ 3GB(2枚差し)
モニター 13.3インチ
HDD 160GB
光学ドライブ(DVDドライブ) なし
リカバリディスク付き
プロダクトキー付き
アダプター パナソニック製
重量 1.17kg
大きさ ほぼA4サイズ 幅・奥行きともにA4サイズより1cmほど大きい程度

これで正常動作すれば、13,500円は安い

外観


ロゴが比較的小さめなのがいい
さらに小さければ、もっといい
むしろロゴはなくていいw

重量としては、ほぼバッテリーの重さです
箱から出す際、バッテリーは外されていたので
あまりにもの軽さにモックやないかと疑うくらい軽かったw
※モック=外観だけで中身の部品が入ってない展示用の見本

左側面

左側が排熱口、一番右がHDMI
その隣りにUSBとe-SATA兼USB
真ん中はD-SUB

右側面

暗くて見えにくいが
右から、LANポート、USB、マイク、ヘッドホン
ちなみに、このUSBポートは電源を入れてなくても通電してて
スマホやデジカメなどの充電ができるらしい
いや〜、それにしても薄いですなー

背面

バッテリー以外何もなし
ちょっと目立つへこみがあるが、まあこれくらいならいいでしょう

オープン!

赤い壁紙とかw
目ぇ痛いわ

キーボード

説明文には何も書かれてなく、画像もなかったが
こんな状態に…
おそらく、文字消えかな?
付属の文字シールを貼ってるみたいだが
貼り方というか、切り方が下手(´・ω・`)

キーピッチはいいが(キーとキーの間隔)、
キーストロークは浅い(キーを押し込む深さ)
浅いので、入力感がなく若干打ちにくいけど、そのうち慣れるかな?

底面

メモリとHDDのところを開けてみました
HDDは安心の(?)日立
メモリは青が標準のキングストン(2GB)
緑が増設したエレコム(1GB)
できれぱ同じメーカーで揃えたいところだがキングストンやしねw

右下にはファン
メモリの右隣りにCPUがあるので、あそこから風を送って右側に排熱する流れですな

拡張ポート

ビジネスモデルなので、こんなものまでついてます
拡張ボードを買うと、USBなどの外部機器のポートが増やせます
家で据え置くなら拡張ポートに差し
持ち歩くには外して軽量化という、ビジネスマン向け〜

モニター

薄いw
強度が心配(´・ω・`)


使い心地
軽いので持ち運びには便利だが、
軽すぎて、片手でモニターが開けませんw
下側(キーボードの部分)を手で押さえないと、モニターだけを持ち上げても
本体ごと持ち上がる
そして、軽すぎてアダプターやUSBの抜き差しも両手
Inspiron1525などの3kg級の重量やと
うまくやれば片手で差せたりする
なんしか、軽さゆえにしょうがない部分ではある

モニターの発色はいいが、視野角に難あり?
通常のモニターでも横から見ると、見えにくかったりするが
このモニターはそれが顕著に現れてる
モニターを開く角度が少し変わるだけで、途端に見えにくくなる
快適に見えやすい角度がちょっと狭すぎて
背中を丸めて座り、背筋を伸ばすだけでも見えにくくなるw
見えなくなるわけではないが、上下のしやかくが狭すぎかな〜

これが標準なのか経年変化か何かしらの劣化なのかは知らんが
これが標準やったら、さすがにひどいかな?

そして、一番困ったのが、キーボードが見えない
今まで使ってきたノートパソコンは、真っ暗でもモニターの明かりでキーボードは見えたが
これはモニターの明かりがキーボードに届かず
真っ暗やとキーボードは全く見えない

自分の部屋やと、夜 電気を消してテレビの明かりだけでも
デスクトップで使ってるキーボードは見える
しかしこのノートは見えない、ほんまに見えない
モニターの明るさを最大にしても見えない
真っ暗じゃなくても、暗がりだけで極端にキーボードが見えなくなるので
ここがちょっと不便かな〜

やっぱこれはモニターが劣化してるんかな〜

スペック、使い心地についてはここまでで、このノートの感想は終わり
しかし、実際使えるようになるまでには、いろいろと苦労しました
これは本体のスペックではなく、OSでの問題

ここからは、ちょっと小難しい話しになってきます
自分でも把握しきれてない部分もあるので
小難しい話しが、さらに分かりづらくなりますw

それでも読みたい方は続きをどうぞ

苦労したのはWin7問題
Win7 32bitには三飜縛りがあります
メモリを何ギガ搭載しようが、4GBまでしか認識しません
そして実働は約3GBまで

今んとこ、メインで使ってるデスクトップでも一応3GBで足りてる
Opera(ブラウザ)が大食いなのでメモリを消費しまくるが
それでも3GBで困るほどではない
とはいえ、気持ち的にも物足りなさはあるので
今回、Win7 64bitにしたわけ

で、Win7にはsvchost(netsvcs)問題もある
これはCPUが暴走する現象
実際には暴走ではないが、CPUの1スレッドをフルに使って動作するので
非常に重くなる現象

起動直後に暴走が始まり、15〜20分ほど放置すればおさまる
必要なプログラムを裏で動かしてるだけだが
とあるアップデートを引き金に、この現象が起きるようになる

これは、デスクトップ、Inspiron1525でも同じ
Win7機で必ず起きてきたが、デスクトップはいつのまにか解決
何故解決したのかは、今回の出来事で分かった(はず)ので後述

今までも、どうにかならんのか!とググって調べたが
結局は、アレコレ言うてますがIP Helperを無効にすれば直るよ!と言われてるが
直らない

svchostはネット関連のプログラムに関わってるが
その関わってるブログラムのなかで、何が暴走してるのかを特定するのが難しい

まずは、リソースモニターからsvchost(netsvcs)を右クリックで待機チェーンの分析を見てみると
LocalServiceAndNoImpersonationになってる
Win7のサービス一覧を見ると、これが関わってるものがまあ多い
これを一つ一つ確認する時間もなければ気力もないw

次に、Process Explorerってソフトをインストールして調べてみる
svchost(netsvcs)のコマンドラインを見てみると、k netsvcs
Win7のサービス一覧を見ると、これもまたアホほど多い

ちなみに、Win7のサービス一覧はこれ↓
http://pasofaq.jp/windows/admintools/servicelist7.htm
このページにてページ内検索でsvchost

このあと、System Explorerってソフトをインストールしてみるが成果ない
しかも、このソフトはアンインストールできないという、やや罠なソフト
しかも、パソコン起動直後に勝手に開くしー
回避するにはサービスタブから無効

試行錯誤しながらも、単純な方法に戻り
タスクマネージャーからsvchostを右クリック右サービス表示
すると出てきたのが
WinHTTP Web Proxy Auto-Discovery
Diagnostic Service Host
Network Store Interface Service
Network List Service
Function Discovery Provider Host
COM+ Event System
の6つ
ただ、どれが無効にしてよくて、どれがダメなのかが分からない
予想はできるが分からない
この程度なら一つ一つ調べてもいいんだが
ここまで、アレコレいろいろなんやかんやと調べて、
自分には該当しない答えばかりが見つかるという
すげー面倒くさい結果ばかりで、煩わしくなり
まとめて6つ同時に無効、何か問題があれば一つ一つ戻していくという暴挙に出た!
普通、逆よねw

そして、この暴挙が悲劇に変わった…
6つを無効にして再起動
特に問題なく動いてるけども
ここで、Windows Updateがきたので更新
更新ファイル215個
どんだけ多いねん!w

このパソコン、届いたときにはリカバリー直後の状態やったんよね
届いて、最初の起動時にユーザー名を決めたりの初期設定をする流れ
つまり、発売当初の2010年の状態に戻ったわけ
これはまあ、当然のことなので別にいいんやけど
5年も戻るとアップデートするファイルも多くて
アップデートしたファイルに、さらにアップデートがきたりで
何度もアップデートにしなければならないが、215個一気にくるのは珍しい
珍しいってか初めてやわ

で、分けるのも面倒なので215個一気にダウンロード&インストール
6時間かかりましたw

しかし、6時間かかって209個完了やったかな
残り6つほどあったけど、なかなか進まず寝る時間にもなったのでキャンセル
翌日、残りの6つをアップデートするつもりやったけど
ここからが大変

次の日、起動してみるとネットがつながらない
これまで無線で接続してたが、制限付き接続(事実上つながってないのと同じ)
有線でもつながらない
さらにはファイヤウォールが勝手に無効になり
アンチウイルスソフト(Avira)が動かない
なにをどうやっても、つながらない動かない
Aviraが原因なのかと思いアンインストールして、Windows Defenderを有効にしてみるが
コントロールパネル上では有効になってるが、アクションセンター上では無効になってるという
意味不明なことに(´・ω・`)

しょうがないので、以前の状態に戻すため復元しようとすると
復元ファイルがない
もちろん、復元の設定は有効にしてたし
Windowsアップデートの行程で復元ファイルを作成してるのも見てた
それなのに、復元ファイルがない

まったくもって意味不明な状態に陥ったので、解決方法も思いつかないが
ここで、無効にした6つのサービスを全て有効に戻すと、、、直った
どこにどう因果関係があるのか分からんが、とりあえず直った
そして、残りのアップデートを済ませるとCPUの暴走も直ったw
なんでやねん!

早し話し、発端はKBほにゃららってアップデートファイルが引き金になってCPUが暴走
その後、数回のアップデートを経ると
解決するアップデートファイルがある、、、らしい
どれのことか分からんが、デスクトップのほうも
いつかのアップデートで自然に解決
しかし、Inspiron 1525もアップデートしてたのに解決しなかったのは謎

つーわけで、結局はアップデートで全てが解決したわけだが
ここまでの流れに2週間かかってます
2週間毎日かかりっきりではなかったが、しんどかった…

 
| 純太@ちょび | パソコン・インターネット | 21:47 | comments(0) |







  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>